専門学校を卒業したら保育士になれる?

保育士になるためには、4年制大学、短期大学、専門学校のいずれかの学校を卒業するというのが最短コースとなるでしょう。

2年以上の実務経験を積んだ上で国家試験に合格をするというルートもありますが、必ず試験に合格できるとは限らず、独学で勉強をしなければならないのでハードルは高めです。一般的には専門学校は国公立大学よりも学費が高いというイメージがありますが、保育士コースに限っていうなら、国公立大学と同じか、それよりも学費が安いところもあります。学校によって学費が異なるので比較してみましょう。

1年間あたりの学費は100万円前後です。入学金や教材費をあわせると2年間で220万円くらいが目安となります。保育士の資格は卒業と同時に取得できますが、幼稚園教諭2種の免許が取得できるかどうかは学校やコースによります。3年制のコースのほとんどが幼稚園教諭の免許が取得できますが、2年制のコースでも幼稚園教諭の免許を取得できるところはあるようです。

あくまで保育士になりたいという場合には、幼稚園教諭の免許は必要ありませんが、今は総合的な施設も増加しているので、取得しておいたほうが転職で有利になる可能性はあります。専門学校にはさまざまなコースがあります。医療系のコースはやはり学費が高く、1年で170万円程度がかかります。保育士コースの場合には学費は安く、入学金をあわせても初年度は120万円くらいですむでしょう。2年制のコースは短期大学とほぼ同じメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *