保育士の知識を身につけるために専門学校へ

保育士にとって必要な知識は、保育に関する知識です。

保育をする対象は、未就学児なので、0歳から6歳の小学校入学前の子供たちになります。保育をする対象年齢が0歳と6歳では大きな違いがありますね。赤ちゃんから子供まで。体格も知識も大きく異なりますし、それぞれの子供たちに接するためには、保育士として専門の知識が必要なのです。その知識を身につけるための学校が、保育士専門学校です。

ここでは、子供の特性や発達段階、また子供たちへの教育者としてどのようにかかわっていくのか?また両親の代わりの保育者としてどのようにかかわるべきかということを勉強します。それは決して知識を身に着けるだけではありません。学校ではもちろん実習などがあり、現場に即した勉強をすることも必要です。専門学校では、まず必要な知識を身に着ける、そしてそれを実践、更に応用するために実習を行うのです。

実習をしてみると、子供たちがいかに多彩で、保育に関する知識をただ持っているだけでは接することができないということが理解できるでしょう。子供たちは同じような年齢でも、性格も家族背景なども大きく異なるので、いろいろな子供がいるのです。

その子供たちの特徴をとらえて保育していかなくてはいけないので、保育士として子供に接することは簡単ではないのです。その知識を学ぶための学校が専門学校です。ここでは子供たちについて、保育についてじっくり学ぶことのできる場となることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *