専門学校で取得する保育士資格と注意すること

専門学校の中で一部の学校では卒業と同時に保育士資格の取得が出来る場合があります。

この学校はあらかじめ国により指定されているためそのことを知らずに他の学校で勉強しても、卒業と同時に取得できるわけではないです。あくまで卒業時点で資格取得を認められている学校の場合だけですので注意が必要となります。各種学校の中でも専門学校では2年制か3年制のところで専用の勉強をした場合に限り、卒業時に保育士資格を与えるようにしているわけです。この場合カリキュラムでかなり多くの授業時間が必要で、学ぶ側にも相応の覚悟が必要になります。

授業時間が多くこなさなければならないことも多いため注意が特に必要です。一方で卒業と同時には資格取得が出来ないところも多数あります。こうした専門学校ではあくまで保育士資格取得試験に向けた勉強をおこない受験して合格することが必要です。そのため試験を受けなければならない点と必ずしも合格できるかどうかは分からないわけですから、難しい選択になりやすいと言えます。

なお卒業時に資格が与えられるけれども、その資格それ自体以外にも他の科目なども学ぶ場合があります。こうした学校ではビジネス系の資格取得にも力を入れていて、ただ単に専門学校で保育士になるためだけではなく色々な知識を取得して巣立って欲しいという学校側の思いがあります。社会に出ても困らないだけのものを得て巣立って欲しいということを考えているわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *