保育士になるための専門学校

保育士は、保育園や保育所をメインに、児童福祉施設や療養施設、託児所などを職場に活躍しています。

人手不足でもあることから、常に求人募集も行なわれているので、条件などにこだわらなければ就職先が見つけやすい職種でもあります。保育士は子どもと一緒に遊んだり、身辺の世話をしたりすることがほとんどですが、その遊びを通し食事や挨拶などのしつけを含めた幼児教育を行なうのも仕事です。

誰でもすぐに保育士として仕事に就けるわけではなく、国家資格が必要となります。保育資格の取得には、国家試験に合格するか養成施設を卒業しなくてはなりません。養成施設には、厚生労働省の指定を受けた4年制の大学や短期大学のほか、専門学校があります。

専門学校の中には、指定を受けてない学校もあり、その場合には短期大学の通信科に同時に入学しいずれも卒業する必要があります。専門学校には、短期大学と同様に2年制が一般的で、設定されている授業時間などの事情によっては3年制の学校も存在します。

日中のコースのほかにも、夜間コースを設けているところもあるので、働きながら保育士を目指すことも可能です。保育の知識や技術のほかにも、音楽やお遊戯など実践的なことに時間を多くとってる学校や、卒業後の就職の充実したサポートがある学校などさまざまな学校が存在します。

保育士を目指す方は、学校独自の取り組みや特徴を把握し、取得できる資格やこれまでの就職の実績などを十分に確認することが失敗しない学校選びの秘訣と言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *