保育士になるには専門学校のほかにもある手段

保育士は、かつては保母さんや保父さんと呼ばれ、女性を中心とした職業でしたが、現在では男性にも人気が高い傾向にある職業のひとつです。

保育士は、子どもと遊んだり世話することだけをイメージされがちですが、そのほかにも食事や着替えなど日常生活に必要な生活習慣を身につけるサポートや保護者の育児の相談などにも乗らなくてはなりません。保育士になるには、国家試験を受験する方法と養成学校を卒業する2通りの方法で資格を取得する必要があります。

国家試験は、4年制大学卒業、中学や高等学校卒業後児童福祉施設で2年以上の勤務経験などの受験資格をクリアしていればどなたでも受けられます。受験にあたっては、保育に関する参考書やテキストなどを購入して独学であれば費用も抑えられますが、ポイントを押さえた効率的な勉強をするには困難なうえ、かなりハードルが高い傾向にあります。

そのために試験合格に向けた通信講座を利用するという手段もあります。通信講座によっては書籍などでは情報の少ない実技についての試験対策があるなど、合格までのサポートも充実しています。また、空き時間など自分のライフスタイルに合った勉強ができるのが魅力といえるでしょう。

大学や短大、専門学校などの養成学校であれば、卒業と同時に資格の取得ができるので、時間的や経済的に問題のない場合には、最も確実に資格を取得できます。専門学校では、実際に現場で働く講師による指導を受けられるので、より実践的な知識や技術を2年間で習得できます。専門学校によっては、ピアノなどの楽器の演奏などのレッスンの時間を多く取り入れていたりするので、幅広い分野での技術の習得が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *