保育士専門学校で学ぶこと

保育士になるために専門学校に通って頑張っている人は多くおられます。

これから保育士になるために専門学校に通いたいと思っている人は学校ではどんなことを学べるのだろうと興味がわくのは当然のことです。ほとんどの保育士専門学校は2年間で卒業ができます。学校によって雰囲気とか細かい部分は違っていてもカリキュラムはほぼ同じです。学校に入学をして1年目には保育や福祉関係の基本となる理念とか知識などを学びます。

具体的にどのようなことを学ぶのかというと心理学とか臨床心理などです。また保健や美術やピアノなどの授業もあります。学校によっては折り紙の授業があるところもあるようです。もちろんどの学校でも全く同じということはありません。学校によって方針も違いますし個性もあるので学ぶことは多少異なりますが、たいていどの学校も1年目は保育や福祉関係の基本を学んでいきます。

そして2年目になると実際に保育現場に自分が出ていったときに役立つような専門知識を学ぶことになります。たとえは沐浴とかミルクの作り方や着脱をスムーズに行う方法などです。小さい子供と関わる仕事をする上で必要不可欠なことを学んでいきます。

沐浴の授業などは実際に赤ちゃんを使うことは無理なのでダミー人形を使って学びます。人形といっても本物そっくりに作られているものになるので緊張感のある授業になります。また最近よく幼稚園や保育園で行われているリトミックなども学びますしそのほかにも学校によっては英語とか体育や国語といった授業もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です